梅毒を昔の病気とみくびるなかれ 若い女性に患者急増の理由

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 女性の梅毒患者数が急増して深刻な問題となりつつある。

 国立感染症研究所がまとめたデータによると、全国の梅毒患者の報告数は10年ほど前から増加傾向だったが、2008年の831人をピークに10年は621人まで減少。ところが11年から増加に転じ、今年は10月末の時点で2037人に達した。昨年1年間の1671人を超えたのだ。

 さらに深刻なのが20~24歳の若い女性だ。女性の年齢別では177人と最も多く、なんと昨年同時期の2.7倍に急増している。性感染症が専門の医学博士・尾上泰彦氏は「世界的なパンデミック状態です。患者の中には来日中のアジア圏の女性もいると考えられます」と警告する。

 なぜ、女性患者が増えているのか。東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏(感染症学)に聞いた。

「コンドームをつけずにセックスするからです。若い女性は世間知らずで受け身になりがちだから、コンドームなしでしたがる男性につい押し切られてしまいます。HIV感染が深刻だったころは注意の呼びかけが盛んで、若者もコンドーム装着を心がけましたが、最近はHIVを軽視し、梅毒を“昔の病気だ”とみくびっているため予防が手薄になっているのです」

1 / 2 ページ

関連記事