天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「超低体温循環停止」ならできる手術がある

順天堂大医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

Q 15年前に僧帽弁閉鎖不全症の手術を受けました。1年前あたりから再び息切れなどの自覚症状が表れ、再手術が検討されました。しかし、医師からは「前回の手術による癒着がひどく、再手術すると大出血して命に関わる危険がある」と断られました。やはり、再手術は断念した方がいいのでしょうか。(80歳・女性)

A 前回、外科医が手術を行えるかどうか悩むケースについて説明しました。医師がしっかり検査や検討を重ね、「今後の人生を考えると、手術しない方がより問題が少なく過ごせる可能性が高い」と判断した場合、やはり手術はしない方がいいでしょう。

 しかし、中には担当医師の経験・技術不足や設備が整っていないことで、手術ができないと告げられるケースもあります。そして、「手術はできない」と説明されただけで、精神的にも突き放された形になっている患者さんも多いのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。