漢方達人をめざせ!

意識は快便 でも腹は便秘

 人にはそれぞれ生まれ持っての体質があるので、健康に気を付けた生活を送っていても、それだけでは不十分な場合があります。私にとっては便秘です。

 ただ、自覚としての便秘はあまりありません。毎日“快便”で、便秘がちの人がよく言うような「何日も出なくて、お腹が詰まった感じで苦しい」という経験もない。だから、私自身は自分が便秘だとは考えていませんでした。

 ところが以前、病院で何かの検査を受けた時に、腸に便がたまっていることが判明したのです。

 それ以来、夜に1回だけ便秘にいい漢方薬を飲んでいます。もう10年くらいになるでしょうか。「腸は健康の要」といい、東洋医学で大腸は肺や皮膚、鼻とも関連していますが、特に不調もなく体調は絶好調です。

 日本人はもともと大腸が長く穀類や野菜といったいわば、お箸で食べる和食が体にあっているはずです。

1 / 2 ページ

久保田佳代

父は乳児院院長、母は薬剤師、長女は歯科医、次女は眼科専門医という医療一家に産まれたが、昨今の臓器医療である西洋医学とは違い、人に向き合い、カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志し20余年経つ。昭和薬科大学卒業、老舗漢方薬局を経て、「氣生薬局」開局。サプリメントアドバイザー、漢方茶マイスター、日本プロカウンセリング協会1級など多数資格取得。「不妊症改善における実力薬局100選」に選ばれている。