有名病院 この診療科のイチ押し治療

【うつ病】三楽病院・精神神経科(東京・御茶ノ水)

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 企業が行う社員のメンタルヘルス対策として、今月からストレスチェックの義務化が始まった。数ある職種の中でも、うつ病などの精神性疾患による病気休職が特に多いのは学校教員。全国の国公立学校では、年間約5000人の教員が精神性疾患で休職している。

 同院は東京都教職員互助会が運営していることから、同科の受診患者も半数以上は教職員が占めている。真金薫子部長は「教育現場は深刻さを増している」と言う。

「教職員に多いのは、うつ症状が表れる適応障害やうつ病です。発症頻度が高い背景には、1人の先生が多くの仕事を抱えていることもあります。授業以外にも個々の生徒の生活面、それぞれ価値観の違う保護者にも対応する必要があります。それに学校組織や行事などの運営の仕事もあって、仕事内容の種類もとても多いのです」

 うつ病は本来、仕事を休んで休養を取ることが大事。しかし、教員は子供を相手にする対人関係の仕事上、一定期間スッパリ休むのはなかなか難しく、本人の挫折感も大きい。症状が軽いうちであれば、なるべく仕事を休まずに済むよう治療することを心がけているという。

1 / 3 ページ