家計簿を見れば病気がわかる

独身者は野菜不足だと決めつけられない

(C)日刊ゲンダイ

 独身者の家計簿で、主食系以外に気になるのが、野菜の消費です。よく「一人暮らしは野菜不足になりやすい」といわれていますが、どうでしょうか。

〈表〉は独身と2人以上世帯の1年間(2014年)の野菜消費金額です。家計調査の独身者のデータは購入金額のみで、購入量(重さ)は載っていません。ですから金額のみの比較になります。

 生鮮野菜を見ると、確かに独身のほうが購入額が少ないことが分かります。ただ2人以上世帯の人数は、総務省のデータによれば平均約3人となっています。つまり2人以上世帯では、家族1人当たり、年間約2万3000円分を消費していることになります。金額ベースで見る限り、60歳以上の独身男性や、35歳以上の独身女性のほうが、野菜を多く消費していることになるのです。

 加えて野菜サラダと野菜ジュースの消費金額でも、独身者が家族持ちを上回っています。しかも男性のほうが、女性よりも多く買っています。ただ女性は生鮮野菜をより多く買っているので、その分だけ節約できているともいえます。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。