医者も知らない医学の新常識

バイアグラで糖尿病が予防できるのか

 バイアグラ(シルデナフィル)は、勃起不全の治療薬として承認されている薬です。この薬は一種の血流改善剤で、ペニスの海綿体の血流を増加させることにより、勃起不全を改善します。しかし、その効果はペニスにとどまるものではありません。実はバイアグラのようなタイプの薬には、メタボを予防するような効果があるのです。

 肥満で内臓脂肪が蓄積すると、血糖を下げるホルモンであるインスリンの効きが悪くなります。これをインスリン抵抗性といって、糖尿病や動脈硬化の大きな原因です。

 最近の研究によると、バイアグラのような薬には、このインスリンの効きを良くする働きがあるようです。それが本当であるなら、「バイアグラを使うと糖尿病や動脈硬化が予防できるかもしれない」ということになります。

 今年のホルモンや糖尿病専門の有名な医学誌に、肥満の方にバイアグラを3カ月間使用して、その効果を検証した論文が掲載されました。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。