しなやかな血管が命を守る

米国立衛生研究所の「最高血圧120以下を目指せ」は本当か?

東邦大学佐倉病院の東丸貴信教授(C)日刊ゲンダイ

 冬は血圧が上がり、脳卒中が増える季節です。日本の人口の3割以上といわれる血圧の高い人は、急激に血圧が上がらないよう、外に出るときや脱衣所などで注意する必要があります。

 血圧を下げれば心臓や脳の致命的な病気(心血管イベント)は減ることが知られていますが、どの程度まで下げればいいか、必ずしも見解は一致していません。

 一般的には「最高血圧を140mmHg以下に下げれば十分」といわれていますが、今年の「欧州心臓病会議」や「米国心臓協会総会」などで「最高血圧(収縮期血圧)を120mmHg以下に保つのが望ましい」とする米国立衛生研究所の衝撃的な研究(SPRINT)が発表されました。

 これは、50歳以上で1つ以上の心血管病リスクを持つ、あるいは75歳以上の高血圧患者を対象に、家庭での血圧を「120mmHg未満にした人」と「140mmHg未満にした人」の間で心血管イベントを比較した研究です。対象者は平均年齢69歳の9250人で、慢性腎臓病合併2648人、心血管病既往1877人が含まれていました。糖尿病と脳卒中の患者は外されていますが、心不全リスクの高い人たちです。

1 / 3 ページ

東丸貴信

東京大学医学部卒。日赤医療センター循環器科部長などを歴任。血管内治療学会理事、心臓血管内視鏡学会理事、成人病学会理事、脈管学会評議員、世界心臓病会議部会長。