サラリーマンのパワーup 食で不調を撃退する

カルシウムはマグネシウム、ビタミンDと一緒に

 前回、「カルシウムパラドックス」と動脈硬化のリスクについて触れましたが、そもそも、カルシウムパラドックスとはどういうことかを説明します。

 本来、私たちの体には、体重の2%のカルシウムが存在するといわれています。そのうちの99%が骨や歯に、1%はイオンとなって血液中と細胞に、1万対1の比率で存在します。

 毎日のカルシウム摂取が不足すると、血中のカルシウム濃度を保つために、体は骨からカルシウムを溶かします。すると、細胞内にカルシウムが入りこみ、石灰化が起こるのです。あってはいけないところにカルシウムが存在するこの現象は「カルシウムパラドックス(逆説)」という言葉が使われ、1966年にネイチャー誌で発表されました。「逆説」といっているのは、「カルシウム不足で生じる体内の石灰化」を、かつては「カルシウムの取り過ぎ」と逆に捉えていたためです。

1 / 2 ページ

佐藤智春

スタイリストとして活躍していた32歳の時、働き過ぎで体調を崩しダウン。「分子整合栄養医学」に出会い、人体と栄養の関係を学び、実践を重ねながら健康を取し、血液栄養診断士の資格を取得。現在はクライアントの血液データから栄養を厳密に把握し、食と医療、ライフスタイルを具体的に提案。著書に「卵を食べれば全部よくなる」「男は食事で出世させなさい」「身長を伸ばす7つの法則」など。