どうなる! 日本の医療

高額療養費制度の限度額が最大5倍に引き上げられる

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ
金のない老人は病院に行けなくなる

 再来年をめどに、70歳以上の高額療養費制度の限度額(月額)を最大5倍近くに引き上げるたくらみが進んでいるのをご存じだろうか。与党・政府内で検討されていて、決定すれば一部の金持ちを除いた70歳以上は、先進的な薬や手術、検査法を受けられなくなりそうだ。

 この事態に、全国10万5000人の医師、歯科医師を擁する「全国保険医団体連合会(保団連)」の住江憲勇会長は怒り心頭だ。

「来年夏の参院選対策のため、低年金受給者約1250万人を対象に一律3万円の臨時給付金のバラマキを決める一方で、参院選後に70歳以上の高額療養費を最大5倍近くも引き上げようとしているのですからムチャクチャです。安倍政権は“年寄りは現金3万円を渡せば文句は言わないだろう。その後は医療などを受けずに黙って死ね”と言っているようなものです」

 超高齢化社会に突入する中、43兆円にまで膨れ上がった医療費をどう削減するのか。確かに大問題だ。しかし、これまで手をこまねき、どん詰まりになるまで放置した責任は、政府・与党にあるのではないか。にもかかわらず「世代負担の公平さ」という名の下に低所得の高齢者を狙い打ちする財務省や政府は、悪辣としか言いようがない。

1 / 3 ページ

村吉健

地方紙新聞社記者を経てフリーに転身。取材を通じて永田町・霞が関に厚い人脈を築く。当初は主に政治分野の取材が多かったが歴代厚労相取材などを経て、医療分野にも造詣を深める。医療では個々の病気治療法や病院取材も数多く執筆しているが、それ以上に今の現代日本の医療制度問題や医療システム内の問題点などにも鋭く切り込む。現在、夕刊紙、週刊誌、月刊誌などで活躍中。