Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【大渕愛子さんのケース】子宮頸がんはワクチンと検診で撲滅できる

大渕愛子さん(C)日刊ゲンダイ
SEXでウイルス感染

 弁護士の大渕愛子さん(38)が、子宮の異常で手術を受けたそうです。報道によると、7月に受けた健康診断で、子宮がん検診の項目で異常を指摘され、精密検査を受けたところ、「子宮頚部高度異形成」との診断。経過観察する選択肢もありましたが、3月に生まれたお子さんのことも考えて、早期治療を望み、子宮頚部円錐切除術を受けることを決断したと報道されました。

 子宮頚部とは、子宮の入り口のことで、高度異形成は前がん状態。今後の進行によっては、子宮頚がんになる恐れがあるということです。そのリスクを摘み取るため、早期治療に踏み切ったのでしょう。

 子宮頚がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因。セックスで感染しますが、性体験のある女性は、8割が生涯に一度は感染するといわれています。

 HPVはごくありふれたウイルスで、通常は免疫力によって自然に排除されるため、問題はありません。免疫力が低下したり、持続的に感染したりすると、やがてがんになるのです。毎年1万人ほどがこのがんを発症、2700人が命を落としています。全体としての患者数は減少傾向なのですが、若年発症が増えているのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。