後悔しない選択は? 医者は「がん治療」をこう選んでいる

2人に1人が発症する時代/(C)日刊ゲンダイ

 がんを告げられた時、どうすれば後悔しない選択ができるのか? 「医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか」などの著書がある東京有明医療大学・川嶋朗教授に聞いた。

「主治医は、自分や家族なら選ばない治療を勧めているのではないか?」 東京女子医大付属青山自然医療研究所クリニック所長を務め、西洋近代医学と代替・伝統医療を統合させた治療を行う川嶋教授のもとには、こんな相談がしばしば寄せられる。そんな時、川嶋教授は必ず「すべての人に等しくベストの治療はない」と伝える。自分にとって「ベストの治療」を受けるために押さえておくべきことは、次の4つだという。

(1)「数字」を聞く

 たとえば、抗がん剤治療を勧められたとする。受けた場合の生存率はどれくらいか? 受けなかった場合は? 「数字」は客観的なデータだ。いたずらに怖がらずにきちんと聞く。

1 / 4 ページ

関連記事