サラリーマンのパワーup 食で不調を撃退する

「体リセット」はタンパク質で

 年末年始はお酒も含め、お雑煮やおせちなど糖質の多い食事バランスになりがちです。糖質の総カロリーが多いと、使いきれなかった分が中性脂肪に置き換えられ、内臓肥満やメタボリック症候群などの引き金になります。今回は、明日から少なくとも1週間は続けてほしい「体のリセット食」を紹介しましょう。

 特に意識して取ってほしいのがタンパク質です。優秀なタンパク源といえば、なんといっても卵。ゆで卵を前日に用意しておけば、たとえば時間がない朝でも手軽に取れます。

 胃がもたれ気味なら半熟で、腹持ちを重視するなら固ゆでで。カフェオレやミルクティーなどで、カップ1杯の牛乳も取りましょう。

「リセット食」とは逆にNGなのが、菓子パンやトースト、おにぎり、ラーメン、丼ものなど、糖質だけで食事を済ませること。空腹で糖質のみを食べると、インスリンが反応して低血糖症状になり、仕事のパフォーマンスが下がります。また、食事で取った糖質は、先にエネルギーとして使われるため、体内の余分な脂肪を燃やせずじまいになります。

1 / 2 ページ

佐藤智春

スタイリストとして活躍していた32歳の時、働き過ぎで体調を崩しダウン。「分子整合栄養医学」に出会い、人体と栄養の関係を学び、実践を重ねながら健康を取し、血液栄養診断士の資格を取得。現在はクライアントの血液データから栄養を厳密に把握し、食と医療、ライフスタイルを具体的に提案。著書に「卵を食べれば全部よくなる」「男は食事で出世させなさい」「身長を伸ばす7つの法則」など。