愉快な“病人”たち

倉本昌弘さん(60) 心臓弁膜症

倉本昌弘さん (C)日刊ゲンダイ
検査後、アッという間に絶対安静の重病人に

 病気が発覚したのは45歳のとき。2000年5月、岡山のトーナメント会場でした。初日を終えた後、体がだるくて“風邪をひいたな”と思ったんです。それで大会事務局に紹介してもらって、岡山の日赤病院へ。症状を話すと「風邪ですね」ということで、点滴を打っていただいたんです。

 その点滴中、再びその先生がやって来て、「ちょっと気になることがあるので念のため血液検査をしましょう」と言われました。すぐに点滴を打っている反対の腕から採血され、ものの30分もしないうちに「白血球がすごく多いので肺炎です」と言われたんです。

 さらに、点滴をしながらレントゲンを撮り、肺炎が確定。「今日は病院に泊まってください」と言われましたが、その時点ではまだトーナメントに出るつもりで一度ホテルに戻りました。

 翌日のスタートに間に合うよう早朝4時30分から再び検査を受けた結果、先生から「このままプレーすればいろいろな病気を併発する可能性もあるし、肺炎は思っているほど甘くないですよ」と言われてトーナメントを断念。車いすが用意され、鼻には酸素吸入の管をつけられました。

1 / 4 ページ