天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

低侵襲手術は本当に体にやさしいのか

順天堂大医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ
必要ない患者に実施されるケースも

 前回まで、読者の皆さんからいただいた質問に答えてきましたが、またしばらくは、心臓病と治療にまつわるお話をしていきたいと思います。

 今、日本の外科治療=手術は、今後の進歩に向けて大きな分岐点に立っています。患者さんにとって、場合によっては命に関わるような大きな問題なので、現状をしっかり知っておくべきだといえるでしょう。

 これまで、外科治療は“その方法でなければ機能を取り戻せない、健康を回復できない”といった病状に対し、より早くより高度な技術を追い求め、より複雑な状況に対応できる方法を開拓する――という方向性で進歩してきました。

 外科治療で心臓の働きが元に戻ったり、がんが制御できるようになって、患者さんが回復する。そして、回復することによってその外科治療のエビデンス(科学的根拠)が構築され、発展してきたのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。