Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【糖尿病の人】肝臓、大腸、すい臓、胃に腫瘍ができやすい

斉藤仁(左)と立川談志(C)日刊ゲンダイ
実は血管病より怖い

 糖尿病は、合併症が怖い病気といわれます。感覚が麻痺する神経障害や失明につながる網膜症、人工透析に結びつく腎症などの合併症を患いながら心筋梗塞や脳卒中で亡くなるというのが、よく語られる病気像です。間違いではありませんが、がんとの関係を忘れてはいけません。

「糖尿病の食事療法で痩せ過ぎた」と笑い飛ばした柔道五輪金メダリストの斉藤仁さん(享年54)は昨年、肝内胆管がんで亡くなりましたが、激ヤセはがんによるものと判明。5年前に喉頭がんでこの世を去った落語家・立川談志さん(同75)も糖尿病による不調で休養を繰り返し、1993年に胃がん告白で世間に衝撃を与えたフリーアナの逸見政孝さん(同48)も、70年代から糖尿病を患っていました。

 3人のケースは、糖尿病とがんがたまたま重なったのではなく、糖尿病だからがんを呼び寄せた可能性があります。糖尿病の人の死因は、がんが34%でトップ。そうでない人に比べていくつかのがんにかかりやすいことが分かっているのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。