欧州で大ヒット中 “かざすだけ”新型血糖測定器の実力

「痛い、時間がかかる、面倒くさい」からオサラバ(C)日刊ゲンダイ

■欧州では生産追いつかず

「そのセンサーをつけている2週間は、服の上からでも専用の読み取り器を近づけるだけでそのときの血糖値はもちろん、それまでの8時間の血糖値を平均5分ごとに読み取ることができるそうです。彼は、“8時間ごとにスキャンすれば24時間の自己血糖値を測れる。血糖測定の苦しみ、面倒くささから解放されたうえ、血糖値が乱れたときにすぐに薬で対処できるので、より安全になった”と大喜びでした」(加藤氏)

 欧州では2年前に発売され、生産が追いつかないほど人気になっているという。糖尿病専門医で「しんクリニック」(東京・蒲田)の辛浩基院長が言う。

「欧州での発売以降、日本の糖尿病専門医の間で話題になっているデバイスです。食事や運動で血糖値がどう変化するのか手軽にわかる。また、寝ている間に低血糖になっているかどうかも気付かせてくれる。身内がスキャンすることで、子供や認知症の人の血糖値を調べることもできる。糖尿病治療を変える画期的デバイスになるのではないか」

2 / 3 ページ

関連記事