家計簿を見れば病気がわかる

教育格差は健康格差

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 この連載の最後のテーマとして、「教育への支出」を取り上げます。高所得世帯の子供ほど、教育に金をかけられるため、一流大学に進める可能性が高いといわれています。

 一流大学の出身者は、一流企業のサラリーマンや高級官僚、つまり将来の高所得者になりやすいというのは、よく知られた事実です。貧富の格差や社会的階級が固定する元凶ともいわれています。金持ちの子は金持ちに、貧乏人の子は貧乏人に……。この現象は日本だけでなく、世界中で進行しています。

 ところがそれだけでなく、健康格差も固定されつつあるのです。生活習慣病の罹患率は、高学歴者ほど低くなることが知られています。学歴が高いほど、健康と病気について知る機会が増えるため、食事と運動、喫煙や飲酒に対する意識が高まり、より健康的な人生を送れるというのです。

■子が親以上に健康に気をつかう

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。