天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

高額な心臓手術 過剰な治療を避けるには“見積もり”を取る

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ
診療報酬をごまかす病院もある

 前回、紹介したように、心臓の手術はそれなりに高額です。病状などによっても変わりますが、2週間弱の入院を含めておよそ300万~500万円(3割負担で約100万~150万円)ほどかかります。トータルで800万円(3割負担で240万円)になるような手術もあります。

 高額療養費制度を利用すれば、患者さんの自己負担額は10万円程度に収まることが多いのですが、病院側は患者さんが負担する医療費だけでなく、治療にかかった金額の差額を公的保険機関から診療報酬として受け取ります。これを悪用し、本来なら必要ないようなオーバーな治療をして、診療報酬を“過剰請求”しているような病院も残念ながら存在します。

 手術にかかる医療費は、医師の「手技料」と、さまざまな医療機器や材料の費用を合算して計上されています。

 手技料は、病気やそれに対して行う治療ごとに細かく点数=費用が定められています。たとえば、詰まってしまった血管に別の部位の血管をつないで迂回路をつくる冠動脈バイパス手術の場合、詰まっている血管の本数によって手技料が変わってきます。1本なら71万5700円で、2本以上なら89万2500円になります。心臓の弁を交換する弁置換術では、1個取り換えると79万8600円、2個になると93万円、3個だと106万4800円の手技料がかかるのです。

1 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。