役に立つオモシロ医学論文

卵アレルギーでも「インフルエンザワクチン」は安全?

アレルギー検査と玉子焼き(C)日刊ゲンダイ
軽度の卵アレルギーであれば問題はない

 インフルエンザ予防にはワクチン接種が有効です。しかし、卵アレルギーを持っている人へのインフルエンザワクチン接種はアレルギー反応を起こす可能性があり、注意が必要といわれてきました。ワクチンの製造過程において、鶏卵を用いてウイルス培養を行っており、ワクチンにわずかながら卵成分が混入している懸念があるためです。ただ近年では、重度のアレルギーを持っていない限りは安全に接種できると考えられています。しかし、そうはいっても患者さんにとっては不安になることもあるでしょう。

 2015年12月8日の英国医師会誌電子版に「卵アレルギー患者に対する弱毒株生インフルエンザワクチンの安全性」を検討した論文が掲載されました。日本で用いられている不活化ワクチンではありませんが、やはり鶏卵を用いて製造されたワクチンで、卵成分がわずかに混入している懸念があるのは同じです。

 対象となったのは2~18歳の卵アレルギーを有する779人で、このうち34.7%が卵でアナフィラキシーという重度のアレルギー反応を経験したことのある人たちでした。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。