薬に頼らないこころの健康法Q&A

入試前日に眠れない!? 就寝「16時間前」に起きるリズムを作る

井原裕 独協医科大学越谷病院こころの診療科教授(C)日刊ゲンダイ
高校受験の直前まで深夜放送を聴いているような中学生でした


 高校受験を目前に控えた中3男子です。もともと試験の前日や部活の試合の前日は眠れない方でした。明日のことを考えたら、早く眠ったほうがいいことぐらいわかっています。でも、眠ろうとすればするほど目がさえて、なかなか眠れません。塾の先生の勧めもあって1月に2校、2月にも2校の試験を受けます。2月下旬の最後の高校が第1志望の高校なので、3校は練習のつもりです。すでに最初の高校は受けたのですが、前日はやはり眠れなくて、午前1時過ぎまで起きていました。難しい高校ではなかったので合格しましたが、こんなことでは難関校の前日はますます眠れなくなりそうで、とても不安です。


 君のケースは、私自身が高校受験で失敗したときと同じパターンなので心配です。私は、高校受験の直前まで深夜放送を聴いているような、生活習慣が最悪の中学生でした。

 当時の「オールナイトニッポン」では、まだ無名時代のタモリさんや、後に精神分析家として大家となる北山修先生(九州大学名誉教授)が偽名で出ていたりして、異常な活況ぶりでした。この話を語り始めると字数がつきますので、ここでは控えます。

1 / 3 ページ

井原裕

東北大学医学部卒。自治医科大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学大学院博士号取得。順天堂大学医学部准教授を経て、08年より現職。専門は精神療法学、精神病理学、司法精神医学など。「生活習慣病としてのうつ病」「思春期の精神科面接ライブ こころの診療室から」「うつの8割に薬は無意味」など著書多数。