愉快な“病人”たち

演歌歌手・松原のぶえさん(54) 腎臓病(腎移植)

松原のぶえさん(C)日刊ゲンダイ
人工透析でも悪化。義妹が弟の背中を押して腎移植を受けられた

 8年前の3月、46歳のときです。幼少の頃から腎臓が悪かったのですが、その時は2カ月も風邪が抜けず、寒けが続きました。咳をすると心臓が苦しく、声が出にくくなった。次第に横になって眠ることができなくなり、ベッドの背に寄りかかり、枕を前に抱えて座りながらしか眠れなくなりました。病名は肺炎と腎機能障害。あと1日手当てが遅ければ脳機能障害を起こすか、死んでいたと医師に言われました。

 その時の入院は2週間ほど。人工透析を断り、半年はなんとか投薬治療で過ごしたものの、顔は土気色。食べると体に毒素が回り、肌は湿疹だらけで夏でも長袖で隠すしかない。

 次第に食べても全部吐いてしまうようになり、もう透析せざるを得ない状態になりました。おかげでどんどん痩せていき、かつて同じ事務所だった演歌歌手の小金沢昇司くんに「デビュー当時に戻ったね」なんてホメられたのもつかの間、気づけば体重は15キロも減って“激ヤセ”の域でした。

1 / 4 ページ