「歯周病」対策が肝臓がん予防につながるのは本当なのか

結束貴臣医師(右)と鎌田要平歯科医師
結束貴臣医師(右)と鎌田要平歯科医師(C)日刊ゲンダイ

 歯周病治療が、命を落とす重大病回避につながる可能性があることが改めて明らかになった。研究にかかわった横浜市立大学付属病院肝胆膵消化器病学・結束貴臣医師と、神奈川歯科大学付属横浜研修センター横浜クリニック高度先進口腔医学講座・鎌田要平歯科医師に話を聞いた。

 40歳以上の8割がかかっているといわれるのが歯周病だ。歯と歯肉の隙間にたまった歯垢の細菌が毒素を出し、歯肉に炎症を起こして歯槽骨を溶かす。放っておけば確実に進行し、歯がボロボロと抜ける。

“害”は歯だけにとどまらない。心筋梗塞、糖尿病、胃がん、動脈硬化、アルツハイマーなど全身のさまざまな疾患のリスクを高めることが報告されている。

 さらに最近の研究で、「肝疾患のひとつであるNASH(ナッシュ)も歯周病によって悪化する」ことが分かった。

 ナッシュとは、アルコールを摂取しない、あるいは摂取しても適量(日本酒換算で1合以内)なのに脂肪肝となり、さらに肝硬変や肝臓がんに進行する「非アルコール性脂肪肝炎」のことだ。

 歯周病がナッシュにつながるとは、これまでどの医師も考えていなかったという。結束医師が話す。

「肝機能の数値が改善しない患者さんが、たまたま歯周病が判明して治療を受けたら肝機能の数値が下がったのです。その体験談が歯周病とナッシュの関係に注目するきっかけになりました」

 もともと、腸内に存在している体に悪さをする細菌が血管を介して肝臓に至り、肝炎を引き起こすことは指摘されていた。ナッシュの患者の唾液を調べると、歯周病菌の中で最も悪性度の高いギンギバリス菌が見つかった。鎌田医師によれば、健常者と比べてナッシュの患者では、感染率が約2倍高かったという。

 つまり、腸内の細菌が肝炎を引き起こすのと同様に、歯周病菌、中でもギンギバリス菌が肝炎を引き起こすと考えられた。

■歯垢除去などで肝機能の数値が低下

「そこで、ナッシュの患者で歯周病が未治療の10人を対象に、歯垢除去や歯周ポケットへの抗生物質塗布など一般的な歯周病治療を行いました。すると、翌月から順調に数値が低下していったのです」(結束医師)

 ナッシュの薬物治療を受けても肝機能の数値が正常上限値より2~3倍高かった人が、歯周病治療によって4カ月後には平均して約半分まで数値が下がり、正常値になる人もいた。

 歯周病とナッシュを関連付けた今回の研究は、まだ始まったばかりだ。2016年春から、横浜市立大学付属病院と神奈川歯科大学において、20歳以上でナッシュと歯周病を患い、食事運動療法と薬物が効かない200人を対象に医師主導の臨床試験を始める予定だ。しかし、この結果が出るまでもなく、今すぐできることがある。

 ひとつは、歯周病のチェックと改善だ。

「口腔内の適切なコントロールができていない人が多い。歯科医にかかっても“様子を見ましょう”と言われ積極的治療が行われていないケースもあります。日本歯周病学会に登録している専門医に状態を見てもらい、適切な治療を受けてください」(鎌田医師)

 もうひとつは、脂肪肝の改善だ。

「脂肪肝に対する認識が低い。脂肪肝からナッシュになり、肝硬変、肝臓がんと進んでいく。気づいた時は手遅れという人もいます。脂肪肝からナッシュになっていないか。もしそうなら歯周病と同様に専門医の治療が必要です」(結束医師)

 近年、ナッシュが原因の肝臓がんが増えている。歯周病治療で肝臓がんが避けられる可能性があるなら、やらない理由はないだろう。

関連記事