Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【渡辺謙さんのケース】白血病治療が新たな胃がん“誘発”か

 胃がんの原因は、ピロリ菌の感染がほとんどと書きましたが、そうではないケースもあります。先日、早期胃がんで手術を受けたことを公表した俳優・渡辺謙さん(56)のことです。これまで報道されたことからの推察で断定はできませんが、ひょっとするとピロリ菌感染ではない可能性が考えられるのです。

 渡辺さんは1989年に急性骨髄性白血病との診断を受けています。私が「ひょっとして」と思ったのは、この白血病の治療との関連です。

 血液には、酸素を運ぶ赤血球、細菌やウイルスから身を守る白血球、止血作用を持つ血小板などの血球が流れていて、その血球は骨の中の骨髄にある造血幹細胞から分化します。この骨髄に異常が生じて、白血病細胞が無制限に増え、正常な赤血球や白血球、血小板などがつくられにくくなるのが、骨髄性白血病。

 赤血球の減少で貧血になったり、白血球が減ることで風邪やインフルエンザなど感染症にかかりやすくなったり、血小板の減少は、出血しやすい状態を意味します。急性は進行が速いということで、治療が遅れると、出血や感染症によって数カ月で命を落とすことも少なくありません。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。