役に立つオモシロ医学論文

妊婦はジャガイモの食べ過ぎに注意

血糖値が上がりやすい食材のひとつ(C)日刊ゲンダイ

 妊娠中に血糖値が高くなると、「妊娠糖尿病」と診断されることがあります。妊娠糖尿病では、胎児の体重がとても増えてしまったり、流産の危険が高くなることが知られています。日本産科婦人科学会のホームページによれば、妊婦さんの7~9%で妊娠糖尿病と診断されることがあるようで、決してまれなことではありません。

 ある研究によると、ジャガイモの摂取が多いと糖尿病になりやすいことが示されています。ジャガイモの主成分はデンプン(糖分の塊)なので、血糖値が上がりやすい食材のひとつと考えられます。

 そんな中、イギリス医師会誌2016年1月電子版に、「妊娠前のジャガイモ摂取と妊娠糖尿病リスクの関連」を検討した論文が掲載されました。この研究は慢性疾患や妊娠糖尿病経験のない1万5632人の女性(平均約32歳)を対象としました。ジャガイモの摂取量は、「週に1食未満」「1食」「2~4食」「5食以上」の4つのカテゴリーに分類し、週に1食未満を基準として他のカテゴリーに対する妊娠糖尿病のリスクを検討しています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。