がん保険 本当に必要ですか

<5>先進医療特約は慎重に

(C)日刊ゲンダイ

 がん患者の中には、「先進医療」を希望する人がいます。しかし、それ自体には健康保険が利きません。付随する検査や入院には健康保険が使えるので、先進医療は「事実上の混合診療」です。

 先進医療は、まだ効果が十分に確かめられていない新しい検査法や治療法です。国が指定し、2014年6月時点で95種類が選ばれています。

 がんに関する先進医療としては、「重粒子線」と「陽子線」が有名です。前者は光の速度の70%まで加速した炭素原子をがんに照射して破壊するというもの。後者は同じく高速の陽子を照射するものです。

 治療は、週5日照射し、それを連続2カ月ほど続けます。料金は病院によって多少異なりますが、2014年のデータでは陽子線の平均が約264万円、重粒子線が約309万円でした。これは全額患者負担になります。通院での治療も可能ですが、入院と通院を併用する患者も多く、平均入院日数は12~14日ほどとなっています。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。