薬に頼らないこころの健康法Q&A

「法学部に進んだのに作家を志望する息子にどう声をかけるべきか」

井原裕 独協医科大学越谷病院こころの診療科教授(C)日刊ゲンダイ


 都内の私大法学部1年生の息子を持つ父親です。親類縁者に法曹関係者が多く、息子もできれば弁護士になって欲しいと思っています。しかし、息子は高校時代から文芸部で小説や戯曲を書いていたほど、好きなのは文学のようです。大学で、民法総則、刑法、憲法などの勉強が始まりましたが、まったく興味が持てないようです。法の思考に毒される前に、文学部に転科したいと考えていると家内に相談していることも聞きました。確かに、三島由紀夫や平野啓一郎のように法学部出身の作家だっています。自分もそういった道に進みたいのだと思います。どうアドバイスすればいいでしょうか。


 前回は、文学・哲学志望の医学部生でしたが、今度は同じく法学部生です。専門職の家系だと、どうしても安定を志向するので、つい自分たちと同じ仕事を若い人に勧めてしまいます。

 弁護士も安定していますが、司法試験は医者になるよりはるかに狭き門です。それに法律の論理は、合う人と合わない人がいます。法の論理が合う人にとっては、これほど楽しい世界はありません。抽象概念同士を組み合わせ、思考を展開させ、整合性のとれたひとつの世界を構築していくのは、好きな人にとってはたまらないでしょう。世の中には一日中法の論理に浸っていても退屈しない人がいて、そんな人ばかりがロースクールに入ります。それでも簡単に受からないのが司法試験の現実です。

1 / 3 ページ

井原裕

東北大学医学部卒。自治医科大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学大学院博士号取得。順天堂大学医学部准教授を経て、08年より現職。専門は精神療法学、精神病理学、司法精神医学など。「生活習慣病としてのうつ病」「思春期の精神科面接ライブ こころの診療室から」「うつの8割に薬は無意味」など著書多数。