危ない 薬の勘違い

「風邪は薬じゃ治らない」のホント

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 薬を飲んでも病気は治りません。中には、病気そのものの原因に効く薬もありますが、その多くは「病気の症状を抑える効果」しかないのです。

 たとえば風邪薬=総合感冒薬がその代表といっていいでしょう。総合感冒薬には、頭痛や熱を緩和させたり、鼻水やせきを止める成分が入っています。飲めば楽にはなるでしょう。しかし、それは治ったわけではありません。風邪はウイルス疾患です。総合感冒薬を飲んでも、ウイルスが排除されるわけではないのです。

 安静にしていれば自然治癒するのも風邪の特徴ですが、逆に考えると、薬を飲んでも安静にしなければ、治るものもなかなか治らないということです。薬を飲んだだけで安心していたら、2次感染で細菌感染を起こしてしまうことだって考えられます。

 また、「風邪」だと思っていても「風邪ではない」ケースもあります。一般的に、熱がある、喉が痛い、せきが出るといった症状があると、自分で「風邪」と決めつけて総合感冒薬を購入しに来られる患者さんが少なくありません。

1 / 2 ページ

金田崇文

1979年、東京都生まれ。千葉県立船橋高校を経て岡山大学薬学部を卒業。2004年からこやま薬局(岡山県)に勤務。管理薬剤師を務めながら、各地で薬や健康をテーマにした講演活動を行っている。