天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

降圧剤は自己血圧測定をセットで考える

順天堂大医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 心臓病予防のためには、血圧をしっかり下げておくことも大切です。

 血圧が高いまま放置していると、動脈硬化が進んだり、心臓の負担が増えてトラブルを起こしやすくなっていきます。最近ニュースでよく耳にする大動脈瘤破裂、急性大動脈解離といった突然死を招くような心臓病のリスクも高まります。発症して意識を失うと、場所や状況によっては周囲を危険に巻き込むこともあるので、自分だけの問題では済まなくなります。

 自宅で血圧を計測したときに「145/95mmHg」を超えているようなら、降圧剤の服用を決意して、しっかり血圧をコントロールしたほうがいいでしょう。

 降圧剤とうまく付き合っていくために重要なポイントは、「定期的に自分で血圧を測定しながら薬を服用する」ということです。降圧剤には、「体を選ばない」という特徴があります。血圧が高い人だろうが低い人だろうが、服用すれば血圧を下げてしまいます。だからこそ、「血圧が下がり過ぎていないか」をきちんと点検するための自己血圧測定が非常に重要になります。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。