寝ても抜けない“酒疲れ”は「ビタミンB1不足」に原因あり

しっかり寝ても解消できない(C)日刊ゲンダイ

 3~4月は「歓送迎会」や「お花見」など、お酒抜きには過ごせない季節だ。中にはお酒を飲むたびに「なんだか疲れた」と感じる人もいるだろう。問題はこうした「酒疲れ」の原因の中に、風邪などの病気や肉体的疲れ、ストレス以外に、「栄養不足」が隠れているケースがあることだ。

 吉田直樹さん(46)は先月末の会社の歓送迎会で痛飲して以降、体がだるくて仕方がない。しっかり寝ているのに体に力が入らず、食欲もない。イライラが続き、心なしか手足のむくみもある。

「飲み会続きで膵臓の機能が衰えたのかも」と思ったが、左側の背中や腰が張ったり、脂っこい食事の後で左側の脇腹や肩甲骨が痛むなど、膵臓病の典型症状はない。不審に思い自宅近くのクリニックで診てもらったところ、「ビタミンB1欠乏症」と診断された。

 弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長が言う。

1 / 4 ページ

関連記事