医療数字のカラクリ

科学的でなければ「人体実験」は許されない

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ
人間に対する効果は人間で確かめるしかない

「人体実験」なんて言葉を何の説明もなく使ってきましたが、多くの読者は「『人体実験』なんてありえない」――。そんな印象を持つかもしれません。しかし、動物実験をいくら重ねても、人間でどうかということは分かりません。人間に対する効果は、最終的に人間で確かめるほかないのです。

 もし人間で確かめなければ、“人間に効果があるかどうかわからない治療”を延々と使い続けることになります。そうなると、実際には効果のない治療を多くの人に行い、逆に多くの人に副作用だけをもたらすということになりかねません。それこそ、倫理的に許されないことになってしまいます。

■「科学的」な根拠が必要

「人体実験」は医療の効果を確かめるためにどうしても必要なものです。動物での効果しかわかっていないものを人間に使うことこそ、倫理的に許されません。問題は、どのような「人体実験」なら倫理的に許容されるのか、ということです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。