どうなる! 日本の医療

悪徳人材紹介業者が病院をつぶす

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 2006年からの診療報酬改定に、病院での看護師不足解消のための施策が盛り込まれた。それが「7対1病院」への優遇だ。それまでは、入院患者10人に対して看護師1人の医療施設を優遇してきたが、さらに7人の入院患者に1人の看護師を配置する、いわゆる「7対1病院」の入院基本料をアップすることになった。

 これは、力のある病院にとって収入アップのチャンスになる。看護師の待遇を厚くし、激しい人材争奪を演じる余裕があるからだ。ところが、そうでない中小病院ではより看護師不足の深刻度が増すことになる。

 実はいま、この看護師不足により、中小の医療機関では思いもよらぬトラブルが頻発しているという。「よどがわ内科クリニック」(大阪市)の理事長で元参院議員の梅村聡医師が言う。

「一般の方はご存じないでしょうが、労働者派遣法によって、看護師などの医療従事者の人材派遣は禁じられています。病院が直接雇用しない人材派遣では、命を預かるための『医療チーム』としての質が保てないとの理由からです。そのため、病院が看護師を必要とするときは、人材紹介業者にお願いしますが、最近は悪質な人材紹介業者が跋扈して、医療機関の経営を苦しめているのです」

1 / 3 ページ

村吉健

地方紙新聞社記者を経てフリーに転身。取材を通じて永田町・霞が関に厚い人脈を築く。当初は主に政治分野の取材が多かったが歴代厚労相取材などを経て、医療分野にも造詣を深める。医療では個々の病気治療法や病院取材も数多く執筆しているが、それ以上に今の現代日本の医療制度問題や医療システム内の問題点などにも鋭く切り込む。現在、夕刊紙、週刊誌、月刊誌などで活躍中。