医療数字のカラクリ

「臨床試験」とはすなわち「人体実験」である

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 それでも「人体実験は許せない」という人がいるかもしれません。もちろんそれもひとつの意見ですが、人体実験を拒否するということは、医療の進歩も拒否するに等しいということです。

 ただ、医療はこれ以上進歩すべきでないと言われれば、確かにそういう面があります。

 ここまで説明を加えてきた人体実験は、一般には「臨床試験」と呼ばれます。言い方を変えるだけで、何かそれほど悪いものではないような気がします。しかし、「臨床試験」は「人体実験」であるということ、これは医療の効果を測るときに決して忘れてはならない重要なことだと思います。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。