糖尿病に絶対ならない 春の最新常識

<1>糖尿病にとって危険な季節は春 花粉症が血糖値を上げる

写真はイメージ
写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 糖尿病の診断や治療効果の目安となるHbA1cは、1年のうちで春先が最も高いのをご存じだろうか?

 1、2月は運動不足になりがちなうえ、基礎代謝が低下し、暴飲暴食により血糖値が高くなる。1~2カ月前の平均血糖値を反映するHbA1cはその影響をモロに受けるからだ。

 むろん、HbA1cの数値が高いからといって実際にいまの血糖値が高いわけではない。注意したいのは、それを基に行われる治療が過剰治療になりかねないことだ。

■抗アレルギー薬の服用がキッカケで発症する可能性も

 そうした傾向に拍車をかけるのが花粉症だ。花粉症によるアレルギー症状で、各種ストレスホルモンが高進されて炎症性サイトカインが増えると、血糖値が上がりやすくなる。

 さらに大きな問題は、かゆみ、鼻水、鼻詰まりといった花粉症症状を抑えるための抗アレルギー薬の副作用だ。糖尿病専門医で「しんクリニック」(東京・西蒲田)の辛浩基院長が言う。

「花粉症の薬には、血糖値を上げる成分が含まれているものが少なくありません。たとえば、鼻の粘膜の充血や腫れを抑えて鼻詰まりを楽にする鼻炎薬の多くに、塩酸プソイドエフェドリン、硫酸プソイドエフェドリン、塩酸メチルエフェドリンなどが入っています。これらは交感神経刺激作用により、インスリンの効きが悪くなって、血糖値を上げることが知られています」

 抗アレルギー剤の中には、喉が渇く副作用があるものも多い。それがキッカケで本格的な糖尿病を発症させるケースもあるというから恐ろしい。

「花粉症による喉の渇きを癒やすため、普段より余計に缶コーヒーや炭酸飲料水に手を出す人がいらっしゃいます。いまは糖質カットのものも増えていますが、依然として糖質たっぷりのものが多い。その結果、本人も気づかないうちに血糖値を上げてしまうのです。しかも、それを続けているうちに太ってしまい、2型糖尿病を発症することもあります」(辛院長)

 また、薬そのものの副作用で太るケースもあることを忘れてはいけない。

「実際に体重増加の副作用情報が薬の添付文書に記載されているのはわずかで、あったとしても頻度不明か0・1%以下です。しかし、アレロックやザイザル、ジルテックなどの薬の添付文書にはそのことが明記されています」(首都圏の薬剤師)

 花粉症が流行する春先は、糖尿病やその予備群にとって危険な季節なのだ。