どうなる! 日本の医療

49歳以下の外科医不足から医療崩壊が始まる!?

(C)日刊ゲンダイ

 医者の花形といえば外科医だ。がんの根治治療の基本は外科手術だし、外科医がいないと心臓治療も脳手術も不可能だ。

 ところが、その外科医を希望する若手医師が極端に減り、日本医療が危機にさらされつつある。そうした現状を訴え、外科医増に向けて努力しているNPO法人「日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会」(東京都)の副理事長で国際医療福祉大学の北島政樹学長が言う。

「外科手術によってのみ救える命が数多く存在します。ところが、04年を境に外科医不足が顕著になってきた。このままでは数十年先、日本で心臓移植、がん手術などができなくなる。その危機感から09年にこの法人を立ち上げたのです」

 厚労省のデータによると、日本の医師数は96年から06年までの10年間で23万人から26万3000人と14.4%増えた。ところが、外科医は3・3%しか増えていない。

1 / 3 ページ

村吉健

地方紙新聞社記者を経てフリーに転身。取材を通じて永田町・霞が関に厚い人脈を築く。当初は主に政治分野の取材が多かったが歴代厚労相取材などを経て、医療分野にも造詣を深める。医療では個々の病気治療法や病院取材も数多く執筆しているが、それ以上に今の現代日本の医療制度問題や医療システム内の問題点などにも鋭く切り込む。現在、夕刊紙、週刊誌、月刊誌などで活躍中。