Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【南果歩さんのケース】乳がん 8割は乳房を温存できる

 夫婦の力なのでしょうか。女優の南果歩さん(52)が今月11日に乳がんの手術を受けていたことを告白しました。夫で俳優の渡辺謙さん(56)が早期胃がんを発見して手術を受けた直後です。

 一連の報道によると、南さんの乳がん発覚は2月下旬。そのころ、先日最終回を迎えたドラマの収録が続いていて、仕事の傍ら、夫を看病していた時期と重なります。それでもプロ根性で休むことなく撮影を続行。すべての収録を終えて手術に臨んだようです。

 当時、渡辺さんは妻と娘のアドバイスで人間ドックを受診。家族に救われたいきさつが話題になりました。南さんはその時のことを引きながら、ブログにこうつづっています。

「謙の命を救ったのではなく、私の方こそ謙の病から救われた命です」

 夫の胃がん発覚で、自らも人間ドックを受診。そんな用心した心掛けが早期の乳がん発見に結びついたようなのです。こういうことを夫唱婦随というのでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。