漢方達人をめざせ!

頭の疲れは胃の疲れ

コーヒーを飲みながらボーッと…(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

 ダイエットについての相談も多いですが、一方で「食べられない」という相談も少なくありません。こういう場合、食欲がなくて食べられないのか、食べたいが食べられないのか、どちらなのかを考えます。

 さらには、食物が胃の中でうまく消化できていないのか、肝や胆の働きが悪くて油ものの解毒ができず消化が悪いのか……。

 このような話をされるほとんどの方がデスクワーク中心の仕事です。東洋医学では「脾」という概念があり、脾と胃は表裏の関係にあります。また、思考の臓器ともいわれ、頭を使いすぎると食物の消化の働きが鈍くなり、「食べられない」。仕事などで根を詰めることが多く、休日は比較的よく食べられるのに平日は食べられない日が続く人、朝や昼はそれほど問題ないのに夜になると膨満感がある人、食事の内容と胃の調子が必ずしも連動していない人は、脾に関係ある「食べられない」の可能性が考えられます。

1 / 2 ページ

久保田佳代

父は乳児院院長、母は薬剤師、長女は歯科医、次女は眼科専門医という医療一家に産まれたが、昨今の臓器医療である西洋医学とは違い、人に向き合い、カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志し20余年経つ。昭和薬科大学卒業、老舗漢方薬局を経て、「氣生薬局」開局。サプリメントアドバイザー、漢方茶マイスター、日本プロカウンセリング協会1級など多数資格取得。「不妊症改善における実力薬局100選」に選ばれている。