役に立つオモシロ医学論文

チョコが心臓病予防になるって本当?

チョコレート(C)日刊ゲンダイ

「チョコレートが心臓病の予防に効果があるかもしれない」という研究はこれまでにも複数報告されています。チョコレートの原料であるカカオにはカカオフラバノールという物質が含まれています。このカカオフラバノールには血圧を下げる効果、抗炎症作用や抗酸化作用があることが知られており、それが心臓病の予防につながるのではないか、というのです。

 2011年8月にはイギリス医師会誌にもチョコレートの摂取と心臓病の関連を検討した論文が掲載されました。この報告は、それまでに報告されていた7つの観察研究の結果を統合解析(メタ分析)した論文で、25~93歳の11万4009人が解析対象となりました。

 その結果、チョコレートの摂取が多い人は、低い人に比べて、心臓病のリスクが37%、脳卒中のリスクが29%、統計的にも有意に少ないことが示されました。また、この解析に含まれた7研究のうち、日本人を対象にチョコレートと糖尿病発症を検討した報告が1研究あり、チョコレートの摂取が多いと、特に男性で「糖尿病の発症が少ない可能性」が示唆されています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。