Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【望月三起也さんのケース】肺がん再発でも化学療法受けず

漫画家の望月三起也さん(C)日刊ゲンダイ

 大のサッカーファンとして知られる漫画家の望月三起也さん(77)が肺がんであることを告白されました。50代以上の方なら、ドラマ化もされた「ワイルド7」は、ご存じでしょう。

 先週27日には、都内で開かれた自身の個展に登場。取材した記者によると、鼻には酸素を送るチューブをつけていて、かなりつらそうに見えたものの、自ら監督を務めているサッカーチームの関係者やファンの方々に囲まれて笑顔を見せていたそうです。

 皆さんにぜひ見習ってほしいのは、望月さんの前向きさ。「終活WEBソナエ」によれば、余命は「長くて1年、短くて半年」と宣告されながらも、作品の創作意欲はまったく衰えていません。そんな意欲が、がんと共に生きていく上で大切なのです。

■根治は手術か放射線

 新作は、ファンが熱望していた「俺の新選組」の続編。「春には、車いすでもいいから函館の五稜郭に行きたい。取材に行くとイメージが湧いてきます」と前向きで、その新作は「自分の『代表作』といえる作品に仕上げたい」と意欲を燃やしています。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。