世界が注視する最新医療

古い卵子が若返る ミトコンドリア自家移植による不妊治療

自然に子どもをもてるに越したことはないが(写真はイメージ)(C)日刊ゲンダイ

「卵子は老化する」――。 2012年2月に放送されたNHKの人気番組「クローズアップ現代」でこんな事実を知り、ショックを受けた人も多いことでしょう。多くの女性が「生理があるうちは子供を産める」と信じていただけに、それが幻想だと知らされたショックは大きかったはずです。

 卵子のもとになる細胞(卵子前駆体細胞)は、出生時にはすでに一生分が体内に用意されています。しかし出生後は減る一方で、閉経時にはほとんど残っていません。

 卵巣には新しい前駆体細胞を作り出す能力はありません。1個の前駆体細胞が成熟して1個の卵子が作られるため、卵子の年齢は女性本人の年齢と同じということになります。高齢化した卵子は、受精しても子宮に着床して細胞分裂する力が弱まっているため、妊娠・出産に至る確率が減ってしまいます。

 ところが、そんな古くなった卵子を若返らせる治療が実用化されつつあるのです。「ミトコンドリア自家移植」ないしは「オーグメント療法」と呼ばれるものです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。