世界が注視する最新医療

古い卵子が若返る ミトコンドリア自家移植による不妊治療

自然に子どもをもてるに越したことはないが(写真はイメージ)(C)日刊ゲンダイ

 まず、卵巣から前駆体細胞を取り出し、「ミトコンドリア」を採取します。そして体外受精のために別に採っておいた卵子に、精子と一緒に注入するのです。ミトコンドリアはブドウ糖などを燃やし、細胞の活動に必要なエネルギーや熱を供給するための、いわば発電機の役割を担っている微小器官です。卵子の中にも最初からミトコンドリアが入っていますが、さらに外から補充することによって、その活力をアップしようというアイデアです。

 卵子が本当に若返るかどうか、実のところよく分かっていません。しかし、世界中ですでに200例以上試みられ、それによって20人以上の子供が生まれています。昨年には、日本産科婦人科学会も、この治療法を臨床研究として承認すると発表しました。ただし健康保険は利かず、実施している専門病院は限られています。

 なお、出産には卵子の老化だけでなく、過度のダイエットも問題視されています。BMIが15を切ると月経不順が頻発し、10以下では卵巣機能が停止してしまいます。順調な妊娠のためには、BMI20以上が好ましいとされています。少しポッチャリ型の女性のほうが、子供ができやすいということです。

2 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。