愉快な“病人”たち

エッセイスト・スエノブ由美子さん(48)子宮がん

エッセイスト・スエノブ由美子さん(C)日刊ゲンダイ

■愛犬のおかげで抗がん剤治療に耐えられた

 抗がん剤治療が始まると、2クール目には髪が抜け始めたので、潔く髪を切ろうと決めました。ハワイには私のような病気の人を受け入れる美容院があり、そこで、ボブにしたりモヒカンにしたり、ひと通り髪で遊んで、最後に坊主に。涙の断髪を想像していたのですが、写真を撮り、笑いながら、涙を流すことなく坊主にしました。

 ハワイの人はおおらかで、私の坊主頭も個性として認めてくれ、坊主のままフラダンスのスクールに通えました。髪が生え始めると「その髪はナチュラルなの? すてきね!」と縮れ毛も褒めてくれる。自分に自信もつき、一度もカツラを使わずに過ごせました。

 抗がん剤治療は3週に2回を8クール。抗がん剤治療中は常に吐き気があり、体はしびれて眠れない、何を食べていいのかもわからない。そんな中、ロキシーは体調の悪い時は黙ってそばに寄り添い、元気な時は一緒に遊んでくれました。おかげでずっと鬱々とせずに過ごせました。

3 / 4 ページ