医療数字のカラクリ

臨床試験では健康な人が死ぬこともある

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

■多くの善意で成り立つ

 新しい薬の開発に際して、このような事故を出来る限り減らすような努力が必要なのはもちろんですが、どうやっても避けられない面があります。

 このような事故がないようなら、最初から患者に使えばいいだけのことです。こういうケースが起こるので臨床試験が必要なのです。

 新薬の開発は、自分が犠牲になる可能性を知った上で治験に参加して、新薬の開発に貢献しようとする多くの人たちの上に築かれているのです。日本で治験は、かつて大学病院などだけで行われてきましたが、最近は薬によって、クリニックレベルでも行われるようになっています。このことは医師だけでなく、治験に参加される方、その恩恵を受ける患者さんも決して忘れてはいけないと思います。

2 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。