Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【江戸家猫八さんのケース】進行胃がん 怖いのは“本籍地”より肝転移

江戸家猫八(C)日刊ゲンダイ

 ウグイスの鳴き声などでおなじみの演芸家・江戸家猫八さんが先月21日、進行胃がんで亡くなりました。66歳でした。元気なころ、野山で訓練していたら、本物の鳥が勘違いして近寄ってきたそうですから、まさに名人芸でしょう。

 報道によると、1月初旬に激しい咳が続いたことから病院を受診。胃カメラ検査でステージ4の進行胃がんと判明したものの、「仕事を全うしたい」との思いから、医師に提案された入院による抗がん剤治療を拒否。通院しながら1月20日までの舞台に立ち、「最後の仕事」と決めた2月16日に行われたテレビ朝日系「徹子の部屋」の収録まで頑張ったそうです。

 3月8日の放送を見た猫八さんは「最後にいい仕事ができた」と満足されたとか。その翌日、腹水がたまるなどして入院したようです。進行胃がんだと、肝臓への転移が少なくないのですが、お腹の中にがん細胞がばらまかれる「腹膜播種」があったのは確実です。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。