薬に頼らないこころの健康法Q&A

ドラッカーに学ぶ「最初の仕事はくじ引き」の言葉の意味

井原裕 独協医科大学越谷病院こころの診療科教授(C)日刊ゲンダイ

 その代表は、西宮のカトリック夙川教会、神戸女学院、関西学院、芦屋のヨドコウ迎賓館、警察署旧庁舎、神戸の白鶴美術館、税関旧館、新港貿易会館、迎賓館須磨離宮などであり、これらの多くは戦災、震災を経て、依然として健在です。大学が忙しくならない1~2年のうちに、これらの建築の一つ一つを見て回ってはどうでしょうか。

 ゲーテはかつて「趣味というものは、中級品ではなく、最も優秀なものに接することによってのみ、つくられる」(エッカーマン著「ゲーテとの対話」)と述べました。ご子息は元美術部員です。その感性をもって、一級の作品に接してみるべきだと思います。

 関西の建築文化の最高のものに触れて、それでも「やはり建築はつまらない」と思うならば、諦めがつきます。建築の何たるかを知りもしないうちに、拙速に諦めることは、もったいないと思います。

3 / 3 ページ

井原裕

東北大学医学部卒。自治医科大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学大学院博士号取得。順天堂大学医学部准教授を経て、08年より現職。専門は精神療法学、精神病理学、司法精神医学など。「生活習慣病としてのうつ病」「思春期の精神科面接ライブ こころの診療室から」「うつの8割に薬は無意味」など著書多数。