愉快な“病人”たち

歌手・米良美一さん(44)くも膜下出血

米良美一さん(C)日刊ゲンダイ

■後遺症の水頭症で2度目の手術に

 1度目の手術は知らないうちに済んでいたのですが、くも膜下出血の後遺症のひとつである水頭症になってしまい、結果的に2度の手術をしました。水頭症は、髄液の流れが停滞して脳にたまる病気で、くも膜下出血の術後によくあるそうです。しばらくは管を通して頭から外へ髄液を排出していました。しかし、意識がはっきりしない状態が2週間ぐらい続き、このまま様子を見るか、手術かの二者択一を迫られる状況になりました。手術を決断したのは僕の母です。

 手術は、髄液を正常に体の中へ流す“シャント”と呼ばれる2~3センチの機械を頭に入れるというものでした。頭の中に機械だなんて、サイボーグみたいでしょう?

 でも、その手術は頭に開けた小さな穴から手探りで行うものらしく、医師の勘だけが頼りと聞かされ、僕も僕の周囲の人たちも難しい選択を迫られました。

2 / 4 ページ