愉快な“病人”たち

歌手・米良美一さん(44)くも膜下出血

米良美一さん(C)日刊ゲンダイ

 歌だって、初めは思い通りの声が出ないもどかしさとの闘いでした。でも、焦っていいことはないとひたすら我慢。少しずつ少しずつ、声を取り戻す作業を繰り返しました。

 何でもそうだと思うのですが、自分が闘う相手はいつも自分です。他人を攻撃しているうちは、自分が恵まれていることに気づかない。闘うべきは自分だと思うようになると、周りの見え方って違ってきますね。

 今も1日10錠ぐらいの薬を飲んでいますし、身体的にはまだ万全とはいきません。でも、歌は大病したからこのくらいで仕方ない……なんて思ったことはありません。仕事=お客さまにお会いできることが僕の生きる希望です。

▽めら・よしかず 1971年、宮崎県生まれ。94年、洗足学園音楽大学を首席で卒業し、同年デビュー。アムステルダム音楽院への留学を経て97年、映画「もののけ姫」の主題歌がヒット。以後も国内外で幅広く活躍している。2007年には自叙伝「天使の声~生きながら生まれ変わる」を著した。

4 / 4 ページ