天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

予定日の前日でも患者には手術を断る権利がある

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 まずは、リスクスコアをしっかり提示してくれる病院を選択する。その上で、医師に「手術のリスクは何パーセントくらいなのか? その根拠は何なのか」ということを尋ね、それに対してきちんとした説明があるかどうか。これが信頼できる病院かどうかの大きな判断材料になります。

 また、たとえ手術の予定日が決まったとしても、「いつでも手術をやめることができる」病院を選択してください。

 手術を予定している患者さんに対し、私は「たとえ予定日の前日でも、手術したくなくなったらいつでもやめていいんですよ」と必ず伝えます。

 患者さんには、その直前まで手術を断る権利があるからです。患者さんがその日の気分で、「やっぱり手術は遠慮したい」と思ったら、それを受け入れて患者の権利を守ってくれる病院なのかどうか。これも、信頼できるか否かの判断材料になります。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。