役に立つオモシロ医学論文

日光を積極的に浴びた方が長生きする

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「日光浴」は、何となく健康的なイメージがあります。しかし、太陽光の浴び過ぎは、紫外線の影響により皮膚トラブルを起こしやすくなります。皮膚がんの発症リスクも高くなるというマイナスの面もあるのです。その一方で、積極的に「日光浴」を行うことが寿命を延ばすのではないかとの研究報告もあり、その健康への影響が注目されていました。

 スウェーデンの内科専門誌電子版に2016年3月16日付で、「日光浴と死亡リスクを検討した観察研究」の論文が掲載されました。2万9518人のスウェーデン女性(開始時年齢25~64歳)を20年間追跡した研究です。対象者は、太陽光を避けるグループ(1721人)、適度に太陽光を浴びるグループ(1万6166人)、太陽光を積極的に浴びるグループ(1万1631人)の3グループに分けて比較しています。なお、結果に影響を与え得るような「年齢」「喫煙状況」「配偶者の有無」「併存疾患」などで調整し、解析しています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。