Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【川島章良さんのケース】腎臓がん 8割は完治する可能性あり

川島章良さん(左)/(C)日刊ゲンダイ

 テレビや雑誌は、お笑いコンビ「はんにゃ」の川島章良さん(34)の腎臓がん告白を衝撃的に伝えています。「え? オレが? (当時)32歳なのに、まだ早くない?」と動揺した姿に、心を揺さぶられた人がかなりいたということでしょう。確かに腎臓がんは最近、20~30代での発症が増えているのです。

 なぜかというと、検査の普及が一番大きい。がん検診の受診率は2~3割と低いものの、企業の健康診断や人間ドック、ほかの病気の検査などでたまたま見つかるケース(偶発がん)が少なくないのです。

 腎臓がんは、見つかり方によって偶発がん、尿路症状がん、尿路以外の症状のがんに分けられます。CTやエコー検査が普及途上の80年代前半、偶発がんは5%程度でしたが、今や80%に上昇。そこに若い方が含まれているのです。

■治療は手術が第一

 偶発がんは腎臓が検査の目的でないのに見つかるほどで、ほとんどが早期。川島さんも「(妻の妊娠をキッカケに)健康診断を受けたら、腎臓がんが見つかった」と語っていますから、恐らく偶発がんで早期と思われます。幸い、腎臓がんは早期で手術を受ければ、まず治ります。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。