世界が注視する最新医療

受精卵にゲノム編集 デザイナーベビーはすぐそこに来ている

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 ゲノム編集の最新技術である「CRISPR/Cas9」を使えば、ある遺伝子に狙いを定めて、簡単にそれを破壊したり取り除いたりできます。しかし、それだけでは「編集」といえません。何か別の遺伝子を染色体上の好きな場所に挿入できれば、本格的な編集作業が可能になります。

 実は、その技術もすでに確立されています。理屈は単純です。挿入したい遺伝子のDNAを、CRISPR/Cas9と一緒に細胞に注入します。すると、まずCRISPR/Cas9が染色体の指定された位置に切れ込みを入れます。次に細胞内のDNA修復機能が作動するのですが、その際に一緒に注入しておいた遺伝子のDNAを取り込んでつないでしまうのです。こうして、好きな遺伝子を好きな場所にアッという間(数時間程度)に挿入できるようになりました。

 レトロウイルスなどを使っても、ヒトの染色体に特定の遺伝子を挿入できますし、すでに遺伝子治療として行われています。しかし「挿入位置」までは指定できません。それが可能になったのですから、その影響は計り知れません。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。